日々、奮闘

趣味やブログ運営で奮闘したことを記録している場所です

実際に見ないで批判は大損だなという話

こんにちは、ちさです。

 

f:id:chisa0217:20201122161901p:plain

今回は『名探偵ピカチュウ』を見て、タイトルのようなことを思ったのでその記事です。

meitantei-pikachu.jp

 

 

ピカチュウの声がおじさんの重要性

名探偵ピカチュウの前評判でよく見かけたのが「何故ピカチュウの声がおじさんなの!?」という声。私も最初そこは疑問に思いました。

それでなんでだろう?と調べてみると、原作ゲームがそういう設定だということなので、「ああそういうもんなのか」と割とすぐ納得しました。

ですが……実はそのピカチュウの声がおじさんというのが、この映画の最大の重要ポイントだったんです!!

いやーこれは久しぶりに劇場で観ながら鳥肌もんでした。後日ポケセンでピカチュウのぬいぐるみ買うくらいやられました。

同時に、「ピカチュウの声がおじさんなのが嫌だ!」という人は、この感動を知る機会もそうそうないのかなぁと思いました。

原作がどういうものか調べなかったり、実際見ないでぼんやりとした印象だけで「受けつけない!」というのは非常にもったいないと。

 

原作にはお話がない刀剣乱舞

そういえば最初のぼんやりとした印象だけで手を出さずにいて、後で「そうなのか!?」と同じようにびっくりしたのが刀剣乱舞です。

実際手を出したきっかけは映画で、特撮ファンにはお馴染みの小林靖子さんが脚本書いてるのかーという印象しかなかったんです。

そしたら実際観に行った特撮ファンが、「靖子税を払いに行け!!」と比喩するくらい大絶賛だったので、興味が出て観に行ってみた。

いやー……カタルシスが半端なかった。話の伏線回収が刀剣乱舞の設定だからこそできるという回収の仕方で、見ていてこれまた鳥肌がすごかった。

で、原作ゲームもさぞ重厚なお話なのだろうと始めてみたら、話というものが全くない、キャラを選んで戦いにいくだけのものだったのが衝撃でした。お話が!ない!!

でも逆に凝った設定のない=自分設定を盛り込んで存分にキャラを愛でられるというところが非常に受け、これだけの大きな作品になったらしいです。

実際「自分の本丸ではこういう設定なので」という話し方をすると長年プレイしている友人にも聞きました。すごい世界だ……

 

まとめ:手を出さずに批評はもったいない!!

というわけで、今後もなるべくいろんなものを見たり触れたりしていきたいと思います。

あと、ポケモン公式様は是非しおしおピカチュウのグッズを作ってください……欲しいですしおしおピカチュウグッズ……